ファクタリングと受取手形は何が違うのか?

受取手形というのは、物(商品など)やサービスを売り上げた時に、現金の代わりに受け取る手形のことを受取手形と言います。

後で現金としてお支払いしますよ!という約束を証券という形にして商品代金、サービス代金の受け渡しを少しでも確実なものにする為に発行をされるものですね。

また、受取手形を信用取引として発行しない場合には「売掛金」として会計処理をします。

受取手形も売掛金も「売上債権」という事になるのです。

この受取手形には約束手形と為替手形の2種類が存在します。約束手形とは、取引をする2者間で交換され、発行した者が手形に記載した期日までに支払うことが約束されている証券の事ですね。

そして為替手形と言うのは、基本的には3者間で用いられる手形となっていて、手形振出人が支払人に、受取人への支払いを委託するものとなっています。

ではファクタリングと受取手形を比べると何が違うのでしょうか?

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社へ売却する事で現金化する取引になりますので、支払いを後ほどされる約束をしている受取手形とは違ってきます。

ファクタリングは受取手形という仕訳とは当然違ってきて、預金/現金という仕訳になります。ファクタリング会社への手数料については「支払い利息」という仕訳になってくるのです。

ファクタリングは受取手形とは違い、リスクが非常に小さくなる!という事が言えます。受取手形の場合、取引先の倒産や、

2017-08-23 お知らせ DANIEL&BOB トートバッグ P170A ORFEO 【即発】
2017-08-23 お知らせ 【関税負担】 AMIRI 16AW DESTROYED BIKER JEANS BLACK
2017-08-23 お知らせ 【これからの季節に】Moncler Men's BRADFORD MMON0162B
2017-08-23 お知らせ ★日本未入荷*TOPMAN*新作*ブラックスキニーデニム★
2017-08-23 お知らせ 新作♪Zumba ズンバ-メンズLet's Escape Denim Shorts-DenimDaze

、信用取引の場合でもそうですが、回収出来ない可能性が出てきます。

ファクタリングは先に売掛金を売却して、その分の手数料を差し引かれた分現金化していますし、2者間取引であれば、取引先が倒産などをした場合でもファクタリング会社がリスクを負う事になるのです。

仕訳や意味合いとしては、ファクタリングと受取手形の違いは上記のようになります。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
銀行融資を断られた
ビジネスローンを断られた
追加融資を断られた
仕入れ先への支払いが追い付かない
従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」